2017年3月6日月曜日

囲碁将棋大会開く 福島信陵会 21人が熱戦


福島信陵会の第21回囲碁・将棋大会は平成29年3月5日、福島市の杉妻会館で開かれ、囲碁に13人、将棋に8人の21人が盤上に火花を散らしました。大会は斉藤裕一親睦委員長の司会で進行、初めに佐藤慶吾会長が「今回の参加にお礼を申し上げます。今回から椅子席となりました。日頃の力を存分に発揮してください」とあいさつ。半田金雄親睦副委員長が事務連絡を行い、対局方法について囲碁は青木信夫6段、将棋は久保田純一4段がそれぞれ説明、対局に入りました。

組み合わせ抽選を行い、囲碁、将棋ともA、Bに分かれて対局。参加者は1回戦、2回戦・・・と対戦相手を変えながら「次の一手」に集中していました。熱戦の結果、次の人々が栄冠を勝ち取りました。成績は次の通りです。

◇囲碁 ▽Aクラス ①鈴木暉夫(大14)②斎藤宏(大15)③中川治男(大3)

            ▽Bクラス ①藍原孝文(大21)②本田満(大10)③誉田義郡(大6)

◇将棋  ▽Aクラス ①石井敏光(大45) ②久保田純一(大27)

             ▽Bクラス ①貝羽忠義(短3)②矢吹朋之(大49)

囲碁の藍原さんは初出場で5戦全勝、将棋の貝羽さんは17回目の出場で栄冠を勝ち取りました。


対局前に記念写真

佐藤会長のあいさつで開会

対局方法を説明

ウーム・・知恵を絞る将棋の対局者

囲碁の盤上に火花を散らす


将棋優勝の貝羽さん(左)と石井さん

囲碁優勝の藍原さん(左)と鈴木さん

熱戦後はなごやかに懇親会





2017年2月2日木曜日

95周年事業の成功を誓う 福島信陵会新年会

 福島信陵会の平成29年新年会は2月1日、福島市のウェディングエルテイで開かれた。約120人が出席、来賓に中井勝己福島大学学長、阿部高樹経済経営学類長、永倉禮司信陵同窓会長を招いた。冒頭あいさつに立った佐藤慶吾会長は「多くの同窓生に出席していただき、母校創立95周年の年に良いスタートを切った。母校は2019年に食農学類(仮称)が誕生する。大学改革のなかで、経済経営学類がさらに発展し存在感を増していくことを期待したい。95周年記念事業は福島信陵会が実行部隊となる。会員のご協力をお願いする」とあいさつ。続いて95周年記念事業の取り組み状況について説明した。経済経営学類創立95周年記念事業は10月28日、ウェディングエルティで式典を開催する。佐藤会長は、95周年記念事業を来る100周年記念事業成功へのプロローグ(序章)と位置付け、参加増強のため卒回、同期会、ゼミ会などの取り組みの重要性を強調、同窓生の支援を要請した。

 来賓の中井学長は福島大学が地域貢献の分野で国立大学の中で高く評価されていることを紹介し、「今後設置される食農学類においても来年3月の申請へ向けて今年は科目選定、教員採用など正念場となる。同窓生の支援をお願いします」とあいさつした。続いて登壇した永倉信陵同窓会会長は「95周年記念事業での福島信陵会の皆さんの支援に感謝します」と述べ、95周年記念事業は①東日本大震災・原発事故被災以降、お世話になった全国の会員に感謝、復興・再生の現状をみてもらう②森合世代の開催要望に応え、次世代の主役・金谷川世代の組織強化を図って100周年を迎える③食農学類(仮称)開設に向けての全学再編において経済経営学類が地盤沈下することなく、さらに発展するよう支援する-という意義を説明した。

 乾杯の音頭をとった阿部学類長は「信陵同窓会の各支部を訪れる機会が増えたが、昨年の入試の志願者は1・9倍で他の旧高商の大学と比べて少なかったので叱咤激励を受けた。今年はきょう締め切ったが募集人員120人に対して427人が志願して3・6倍となった。広報に力を入れた成果がでた」と母校の健闘ぶりを紹介した。このあと出席者が声を合わせて高らかに乾杯、祝宴に移った。

 各テーブルは同期生を中心に集まり、近況を報告しあったり、先輩、後輩ともなごやかに歓談の輪が広がった。司会の手塚健一さん(大39)が、就職内定している学生3人を紹介。石川翔也さん(福島県庁、阿部ゼミ)、乾優香里さん(大和証券、阿部ゼミ)、増戸麻有さん(東邦銀行、伊藤ゼミ)がそれぞれ4月から社会人となる抱負を述べた。このあと、いつものように「今日の世紀に」を尾形克彦さん(大22)のリードで高らかに歌い上げた。締めは大35回の小手森正嗣さん(福島信用金庫)、宝槻信一さん(県信用保証協会)、土屋広行さん(東邦銀行)、松浦義行さん(東邦銀行)の4人が音頭をとって万歳三唱し、今年一年の発展を誓った。



受付の始まりです

佐藤福島信陵会会長
挨拶と創立95周年記念事業の取り組み状況の説明

中井学長挨拶

永倉信陵同窓会会長挨拶

阿部学類長による乾杯



        なごやかに歓談の輪が広がる
         皆さん、お酒もすすみます。

フレッシュな学生3人抱負を語る

4月からは県内の企業で働き始めます。

高らかに「今日の世紀」を歌う





参加者最高齢 二瓶政雄さん(経23)
お元気で何よりです。

大学35回の音頭で万歳三唱




2016年9月27日火曜日

福島信陵会ゴルフコンペ 菅野隆夫さん(大19)優勝


 福島信陵会ゴルフコンペは平成28年9月25日(日)、福島ゴルフ倶楽部民報コースで行われ、18人が参加しました。当日は秋晴れに恵まれ、絶好のゴルフ日和。朝8時過ぎに集結したメンバーは80代から50代までの皆さん。斉藤裕一親睦委員長がルールを説明、佐藤慶吾会長が「日頃の腕前を存分に発揮してください」とあいさつし、8時半過ぎにアウト2組、イン3組に分かれて、スタートしました。
 熱戦の結果、菅野隆夫さん(大19)が73・6(48、46、20・4)で優勝を飾り、佐藤会長から優勝トロフィーを授与されました。このほか特別賞として永倉禮司信陵同窓会長から信陵同窓会長賞(4位)、佐藤福島信陵会長から福島信陵会長賞(7位)、福島ゴルフ倶楽部賞(8位)、ウェディングエルティ賞(6、9、11、12、13位)が贈られました。上位成績次の通り。準優勝 平山哲三(大7)③誉田義郡(大6)④古宮宏一(大4)⑤吉澤聰(大15)


スタートの前に記念撮影

スタート前の準備は念入りに

さあ、スタートです。
ナイスショット!!

一日お疲れ様でした
表彰式で佐藤会長の挨拶


優勝は菅野隆夫さん(大19)

佐藤会長から表彰
最高齢出場の古宮宏一さん(大4)は第4位


2016年7月4日月曜日

福島信陵会総会開く


来年の95周年記念行事支える

平成28年度の福島信陵会総会が7月1日、福島市のウエディング・エルテイで開かれ、事業計画、予算などを承認したほか、来年に開催予定の95周年記念行事を実行委員会として支えていくことが報告された。

総会には約120人が出席。冒頭、あいさつに立った佐藤慶吾会長は「27年度事業を無事終えることができた。ご協力に感謝申し上げます。5月に初めて実施したウォーキングは非常に良い雰囲気だった。さらに絆を深めていきたい。課題は組織強化と財政基盤の確立だ。金谷川世代へのスムーズな世代交代も必要だ。森合世代もまだまだ頑張っていく。95周年記念行事では実行委員会の重責を担う。力を合わせていきたい」と述べた。

 議事に入り、平成27年度事業報告、決算、平成28年度事業計画、予算をそれぞれ承認した。事業計画では①組織の一層の強化・充実を図ろう②親睦を深め、同窓の絆を深めよう③大学、地域への積極的な支援を推進しようーを柱にした。組織強化では、総会、新年会の参加人数の増加と会費増加、95周年記念大会成功へ向けた取り組みを掲げた。親睦では5月に実施したウォーキングのほか親睦ゴルフ大会(9月25日)、囲碁・将棋大会(平成29年3月5日)を開催する。予算は前年より約30万円少ない194万6000円余を計上、一層の会費納入増加が求められている。

役員改選では林王茂副会長・事務長が本部の事務局長に就任したため、後任事務長に菅野建二副会長が決まった。また、常任幹事退任に伴い、9人が新任された。役員次の通り。

会長=佐藤慶吾▽副会長=加藤兼義(財政)谷口幸子(組織強化)小山紀男(企画)斉藤裕一(親睦)林王茂(総務)菅野建二(事務長)▽常任幹事=安達正紀、大竹忠雄、篠木好郎、岡崎修吾、半田金雄、吉田久生、吉澤聡、横山義之、斎藤幸夫、菅野隆夫、富山和彦、岩下哲雄、斎藤幹夫(新)、三浦順雄、石井伸典、遠藤俊博、加藤信(新)、河西譲嗣、菅野貴夫、菊池哲也(新)、高荒俊勝、伏見淳、阿部久夫、鈴木登三雄、渡辺伸一郎、久保田純一、矢内節男、二階堂武文(新)、花見政行(新)、守谷光雄(新)、山内茂、小口直孝、熊坂淳一(新)、小手森正嗣(新)、引地満、手塚健一、安部修太郎、勝瀬晴宣、上原子祐司(新)、高根典子、二階堂良子、中里知永、貝羽忠義、紺野邦男、佐藤吉弘、松浦敏幸、曳地賢治、岸波清孝▽監事=尾形克彦、阿部一夫
 各委員会の委員長と副委員長は次の通り。
◇企画▽委員長=小山紀男(大16)▽副委員長=手塚健一(大39)◇広報▽委員長=菅野建二(大21)▽副委員長=吉田久生(大14)◇組織強化▽委員長=谷口幸子(大15)▽副委員長=高荒俊勝(大24)◇親睦▽委員長=斉藤裕一(大19)副委員長=半田金雄(大12)◇財政▽委員長=加藤兼義(短3)副委員長=佐藤吉弘(短13)◇総務▽委員長=林王茂(大20)▽副委員長=三浦順雄(大20)


阿部高樹新学類長からのご挨拶




   和やかに懇親会


総会の後はなごやかに懇親会が開かれた。手塚健一常任幹事(大39)の司会で進行。

来賓として阿部高樹経済経営学類長、永倉禮司信陵同窓会長がそれぞれあいさつ。阿部学類長は25年前に福島大学に赴任したこと、大叔父が高商1期生というゆかりを紹介した。

真田哲也副学長の発声で乾杯、祝宴に移った。今回は今春卒業して社会人となった大64回の女性3人が登壇して花を添えた。阿部早百合さんは福島県市町村職員共済組合、高野美保さんは東北財務局福島財務事務所、飛田香織さんはダイユーエイトに就職、それぞれ自己紹介とともに抱負を語った。宴もたけなわとなった頃、恒例の学生歌「今日の世紀に」を声高らかに歌い上げ、谷口幸子副会長の手締めで懇親会を閉じた。

今年から社会人!
ユーモアも交えたとても上手なスピーチでした(^_^)v




締めはやはり学生歌斉唱
指揮は尾形克彦さん(大22)




2016年5月25日水曜日

福島信陵会 楽しく初の「信夫山ウォーキング」 



福島信陵会(佐藤慶吾会長)は2016(平成28)年5月22日(日曜日)、信夫山をめぐるウォーキングイベントを開催しました。同窓生相互の親ぼくを深めようと初めて企画しました。当日は82歳の瀬戸達男さん(大学4回卒)をはじめ、3歳、7歳の子供の手を引いた親子、家族連れも含めて25人が参加しました。親睦委員会(斉藤裕一委員長)が中心になって企画、気象統計から開催日を設定したことが功を奏して、暑いくらいのウォーキング日和となりました。佐藤会長が「素晴らしい天気となった。ゆっくり登って、学生時代の青春の思い出に浸ってほしい」とあいさつ。護国神社前で記念撮影をした後、ABの2班に分かれて出発、烏ケ崎をめざしました。
かつて森合にあり、現在は県立美術館・図書館が建っている懐かしい母校跡を信夫山の烏ケ崎(からすがさき)から眺めようとコースを設定しました。
コースは護国神社をスタート、羽山かけ道を通って烏ケ崎展望デッキに至り、羽黒神社を回る約5キロの道のり。烏ケ崎では眼下に美術館・図書館を見て、かつての森合校舎をしのびました。
ところどころでNPO法人「ストリートふくしま」の案内人が名所旧跡を案内し、新装なったガイドセンターにも寄って、信夫山についての知識を深めました。




スタート前に全員集合
最高のお天気!
子供たちに負けないようにがんばるぞ!!
烏が崎に到着
ちょっと一休み
入学して最初の体育の授業は森合校舎から烏が崎までの直登だったなぁ
あの頃は若かった

最高のお天気に
最高の眺め
記念にパチリ

一盃森
森合校舎跡地に建つ
福島県立美術館と図書館








2016年3月25日金曜日

囲碁A 齋藤さん、将棋Aは青木さん優勝


福島信陵会第20回囲碁・将棋大会

 福島信陵会の囲碁・将棋大会は平成28年3月6日、福島市の杉妻会館で開催されました。20回を迎えた今回は囲碁、将棋の両部門にそれぞれ11人が参加しました。A~Cのクラスに分かれての熱戦の結果、囲碁の部Aクラスは斎藤宏さん(大15)、将棋の部Aクラスは青木恵造さん(短8)が見事優勝しました。
成績次の通り。

◇囲碁の部 ▽Aクラス①斎藤宏②渡辺幸吉▽Bクラス①富山和彦②斎藤信一▽Cクラス①誉田義郡②本田満


◇将棋の部▽Aクラス①青木恵造②久保田純一▽Bクラス①小山紀男②矢吹朋之▽Cクラス①貝羽忠義②尾崎慎一